平成15年都議会初当選以来、ひたすら「都民が主役」の政治をすすめてきた大津ひろ子都議の10年間の主なあゆみを紹介します。
政局政争よりも、都民の命と安全を守る視点を原点に、みんなの都民はとして次のような15の行動目標を発表しました。

平成15年 (2003)

都議選初当選

 11月、スタートラインは公営企業委員会。 水道、下水道など「日常生活を守るライフライン」 を担当。都民目線でサービス向上追求。おいしく、安く、安全な水を都民に。水道料金2.2%値下げを実現。

平成16年 (2004)

渋谷センター街に防犯カメラ

防犯カメラ導入

 3月、本会議初登板。  大津ひろ子がトップに選んだテーマは「防犯モデル都市東京の実現!」「渋谷は防犯のシンボル」。警視総監答弁「渋谷のハード・ソフト両面での対策・取り締まり強化を推進する」。「DV防止法改正」「観光」「ものづくり」に関する鋭い質問も展開。 3月下旬、渋谷センター街の防犯カメラ運用開始。

平成17年 (2005)

耐震化・救急体制強化を要請

耐震化・救急体制強化を要請

 3月、本会議連続質問。警視庁の総力を結集した治安対策推進を要請。 「脱法ドラッグ犯罪対策」水際作戦、学校の防犯対策強化。首都直下型地震被害想定に迅速に対応。「木造密集地域」の倒壊家屋などで救助や避難が不可能になる事態を問題視。建物耐震化・不燃化・耐火性向上、ハイパーレスキュー隊などの救急・救助体制の整備を要請。

平成18年 (2006)

都政の要 総務委員会委員長に就任

 翌2 月、第1 回東京マラソン。平成2 5 年(2013)の第7回大会からワールドマラソンメジャーズの仲間入りし、世界最高峰のマラソン大会に発展。 東京マラソン

平成19年 (2007)

温泉法の改正

 渋谷の温泉爆発で安全対策の徹底を求める。国を動かし、温泉法の中に初めて「安全の思想」を盛り込む法改正を実現。

平成20年 (2008)

身近な危険の芽をつみとる

 6月、本会議で都民の命と安全を守る質問。介護ベッドやこんにゃくゼリーの事故を質疑。身近な危険の芽をつみとる、「ものづくりの真のあり方」を指摘。インフラの耐震化促進など震災対策、渋谷川の親水公園整備促進なども質問。

平成21年 (2009)

コンテナ横転事故対策

コンテナ横転事故対策

 2月、本会議で首都高5号線のコンテナ横転事故と安全対策を糺す。 積荷の中身を知らされないドライバーの声を代弁。事故防止に向けた法律改正へ。

小中学生の体力向上へ

小中学生の体力向上へ

  10月、文教委員会で強い体をつくる「東京っ子」政策の推進を主張、やさしい心と健康な体の大切さを訴える。全国最下位クラスであった東京の小中学生の体力を3年余で全国平均クラスにまで向上。

平成22年 (2010)

使い捨てライターの安全を

 6月、本会議で「命と安全を守る総合的な議論」を展開。石原知事も「安全は都政の基本」と行政強化を確約。小さな命を奪った使い捨てライターによる火災問題から、日本のものづくりや廃棄のあり方、救急、消費者教育の問題に論を展開。行政の縦割りに鋭く横串を通す。都から国を動かし、日本初の「使い捨てライター安全基準義務付け」を実現。  環境分野にも強みを発揮。「春の小川」の渋谷川を取り戻す質問。川底や護岸整備は生物が繁殖できる素材の使用へ。

平成23年 (2011)

3.11を忘れない都全力で東北支援!

渋谷をミツバチと花の咲く街路樹へ

 8月、陸前高田で被災地支援ボランティアに参加。  11月、環境建設委員会で「渋谷をミツバチと花の咲く街路樹へ」、うるおいのある都市づくりを提言。

平成24年 (2012)

高度防災都市東京をめざす防災対策特別委員長に

高度防災都市東京をめざす防災対策特別委員長に

 2月、本会議。防災計画・復興に女性の参画を強く求める。男女双方の視点に立った防災対策の構築へ前進。無料風俗案内所など渋谷の盛り場対策を糺す。警視総監が「違反行為は見逃さず、厳正に取り締まる」決意答弁。  5月、3.11後の震災対策強化へ。「想定外は許されない」覚悟で、津波、火災、死者、被害想定を新たに見直し、「東京都地域防災計画」修正に都民の声を反映。

平成25年 (2013)

厚生委員長として福祉政策の先頭に

 現在、医療の質、在宅医療・介護・がん対策・うつ病対策、待機児童解消など厚生委員長として都民の命と安全を守るためにゼンリョク。



首都東京の未来に架ける
レインボーテーマと15の行動目標

  1. 高度防災都市を強力に実現
    • 1.被害想定の見直しを踏まえ、 首都直下地震に万全の備えを進める
    • 2.燃え広がらないまち、倒れない都市へ
    • 3.災害の備えに男女双方の視点を活かす
  2. 子どもを安心して産み育てられる 環境づくり
    • 4.仕事と子育ての両立  多様で質の高い保育サービスの提供
    • 5.心と体のバランスのとれた「東京っ子」の 未来を応援
  3. 安心できる医療体制を整備し、 都民の命と健康を守る
    • 6. 誰もが住み慣れた地域で 365日適切医療
    • 7.がん予防と早期発見・治療 高度医療と地域医療の連携
    • 8.健康長寿づくり、福祉・介護サービスの充実
  4. 日常生活の安心・安全施策の推進
    • 9.身の回りの小さな危険の芽を摘み取る
    • 10.家族を守る食の安全を徹底
  5. エネルギーや都市インフラの整備
    • 11.原発から脱却し、安心安全なエネルギーシステムへ転換 .低炭素・快適性・防災力の同時実現、スマートエネルギー都市へ
    • 12.安全重視、事故を許さない都市インフラの着実な更新
  6. 誰もが働きやすい環境をつくる
    • 13.就職支援を強化し、女性や若者の雇用機会を増やす
    • 14.調和のとれた働きの場づくりを進める
  7. 東京の魅力を世界に発信し、誰もが思い切り楽しめる都市へ
    • 15.先端機能、文化、歴史に加え、多様で豊かな自然の魅力を増加